日経名古屋製作センターでは、「新聞が出来るまで」を実際に目で見ていただくための、工場見学を実施しています。

  • 受信・製版(新聞が出来るまで)

    (1)受信・製版

    日本経済新聞社から紙面データを受信し、輪転機に架ける刷版を作成します。データはレーザーで刷版に直接焼き付けられます。

  • 給紙(新聞が出来るまで)

    (2)給紙

    新聞に使う巻取紙は1つ1トン、4頁構成なら55000部印刷できます。倉庫搬出から輪転機への装着、回収まで全自動です。

  • 印刷(新聞が出来るまで)

    (3)印刷

    輪転機はモノクロ対応の「プレス」とカラー対応の「タワー」で構成され、最大48頁・24カ面カラーが可能。速さは毎時15万部です。

  • 折り・裁断・検紙(新聞が出来るまで)

    (4)折り・裁断・検紙

    つながって印刷された紙面を「折り機」で折り畳んで裁断し、体裁を整えます。その後、システムと人の目で品質検査します。

  • 梱包(新聞が出来るまで)

    (5)梱包

    カウンタースタッカーと呼ぶ機械で販売店ごとに必要な部数の束を作り、行き先の荷札(宛名札)を載せてビニール包装、バンドで結束します。

  • 配送(新聞が出来るまで)

    (6)配送

    トラックゲートには専用トラックが待機。新聞は宛名札のバーコードで各方面別のトラックに振り分けられ、販売店に配達されます。

工場見学のお申し込み

下記「見学申込書」からダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上FAXください。 見学日時はご希望に添えない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

見学可能日 月~金曜日(祝祭日・年末年始・3、8月を除きます。夕刊発行日)
見学時間 13:00~14:30
見学人数 ・原則として、1日1グループ5名~40名でお願いします。 ・見学者が20名を超える場合は2名以上の引率者をお願いします。 ・見学申し込みは見学日の3か月前~1か月前までにお願いします。
見学内容 新聞印刷工程を説明後、実際に日本経済新聞夕刊の印刷・発送現場を見学していただきます。尚、当日見学された方に記念新聞をお渡しします。
お問い合わせ 日経名古屋製作センター 管理部
TEL:052-401-3550
FAX:052-401-3555
※受付時間:平日10:00~17:00

お問い合わせ・印刷のお見積もり

株式会社 日経名古屋製作センター

〒452-0962
愛知県清須市春日中沼9番地

052-401-3550お電話での受付:平日10:00~17:00

FAX 052-401-3555